ちょっと待って!猫を購入する前に注意したいこと

猫を飼う方法はいくつかある

猫を飼いたいと思ったとき、一番に思い浮かぶのはペットショップではないでしょうか。ペットショップには、数万円から百万円を超える子猫までさまざまな猫が販売されています。ペットショップ以外でも、ブリーダーさんから譲渡したり、保護猫を迎えたりといった方法もあります。なかには、知り合いが猫を飼っていて、子猫がたくさん生れたから譲り受けたという人もいますよね。知人から譲渡された猫や保護猫の場合は、基本的に無料です。

ペットショップの猫は社会性に乏しい?

ペットショップにいる猫は、ペットショップのショーウィンドウの中で生活しています。とても狭い空間ですよね。また、生れてすぐに親猫と離されてしまうため、猫同士で触れ合う機会も多くはありません。そのため、ペットショップの猫は、社会性に乏しい傾向があるようです。慣れないうちは人に危害を加えたり、基本的なしつけが身につかなかったりもしますが、時間をかけて愛情を注ぐことで社会性は備わってきます。本来の性格によるものではないため、温かく迎えてあげましょう。

清潔感のあるペットショップを選ぶ

ペットショップでは、いろいろな場所から猫がやってきます。そんな猫のなかには、感染症にかかったままペットショップに来た猫もいるかもしれません。その猫を介して、ペットショップで暮らす他の猫にも病気が感染する可能性があります。猫の健康状態にきちんと気を配っているか、店内を清潔に保っているかなど、猫そのものではなくペットショップの管理体制にも注目しましょう。入店したときに、ニオイがしたり雑な印象を受けたりしたペットショップは、避けたほうが無難です。

都心には一般人からマニアまでが集まる動物のベビーショップがあります。特に小型種の子犬販売なら神奈川県が最も盛んに行われています。