どうして注目されているの?壁面緑化を導入するメリットとは?

壁面緑化を導入すると生活空間が快適になる!

日本の都市部では、土がむき出しになっている箇所が少なく、大部分はコンクリートなどに覆われています。それが一因になり、大雨による水害やヒートアイランド現象が起こって悩みの種になっています。そこで注目されているのが、壁面緑化を進めて生活空間と環境を改善していく方法です。壁面緑化は植物を建物の壁に植えるので、植物が持つ保水効果で雨水による突発的な水害を抑制することにつながり、さらには断熱効果で省エネも期待できます。その上、ビルや住宅の屋上や壁面を緑化すれば、直射日光から建物を遮る役目も果たしてくれます。通常、建物の壁面は紫外線に当たると劣化してしまいますが、植物がそれを妨げるので、建物そのものを保護できる点もメリットです。

癒しをもたらす効果や二酸化炭素を減らす効果も

壁面緑化によって得られるメリットは、省エネ効果や水害の抑制だけに留まりません。植物の緑色には、人々の心を和ませて癒す効果があります。ストレスが溜まったときも、山や森へ出かけて深呼吸すると、気持ちが落ち着く人も多いはずです。オフィス街に勤務していると、郊外よりもどうしても植物に囲まれる環境が少なくなりますが、壁面緑化で植物が増えれば身近な場所で自然に触れられるようになります。さらに、もう一つ注目されているのが、近年問題になっている二酸化炭素を減らす効果です。植物には、光合成を通して二酸化炭素を酸素へ変換する力が備わっています。植物を利用した壁面緑化は二酸化炭素の削減にも貢献するので、環境に優しい取り組みと言えるでしょう。

壁面緑化は、別名緑のカーテンとも呼ばれています。特にキュウリやゴーヤーなどの植物を使って行われています。