男のロマン!機械式時計はメンテ必須?オーバーホールについて

あこがれの機械式時計を手に入れて

スーツを着て仕事をするようになって、いままでのようにG-SHOCKやSWATCHでは物足りなくなってきました。時計にはあまり詳しくなく、ロレックスやオメガは高いくらいの認識しかありませんでした。そんな私に時計好きの上司が教えてくれたのが機械式時計の良さでした。正直、高すぎる物を買う気は無かったのですが、上司の熱意と、実際にお店で時計を腕にはめた時に感じた高揚感。
夏のボーナスで、オメガのスピードマスター(20数万円)を買いました。それからはスーツを着ている仕事の時だけでなく、休みの日にもスピードマスターをはめていました。
高い買い物でしたが、当初は全く後悔もありませんでした。

ランニングコストって?

スピードマスターを購入してから5年程過ぎた頃でしょうか、少し時間が遅れるように感じました。調べると、1日に2分~3分程の誤差が出る感じでした。毎日つけているし、少しくらい気にならないとも思ったのですが、メンテナンスに出した方が良いと聞いたので、さっそく購入した店に持って行きました。すると、スピードマスターのメンテナンス料金は8万円!不具合があればさらに金額が上がると言われました…。

オーバーホールはお金が掛かります

クロノグラフタイプの時計は金額が高いとの事で、どのお店も同じような金額を提示されました。機械式時計は大切に使って上げれば親子で使えるくらい長持ちするけど、定期的にオーバーホールが必要だそうです。予想以上の金額にしばらく考えましたが、やっぱりオーバーホールをしました。また何年か経てば、オーバーホールをする必要が出てくると思いますが、長く使っていきたいです。いつか出来るであろう自分の子供に、引き継いであげられたらと思います。

ウブロは、スイスの高級時計メーカーです。従来なかった金及びステンレスのケースと天然ゴムのラバーベルトを組み合わせた腕時計です。

ウブロのビッグバンが見つかる