びっくり!屋上緑化がもたらしてくれる効能

雨漏りを防いでくれる

昨今、オフィスビルなどの建物の上に植物を植える「屋上緑化」が人気を集めています。屋上緑化の最大の効能は、建物が雨漏りするのを防いでくれることです。そもそも都市部では田舎と比べて土の地面が少なく、ほとんどコンクリートやアスファルトで覆われています。この状態で集中豪雨に遭うと、水害などの災害が起きやすくなってしまいます。もちろんビルの屋上もコンクリート造りの場合、雨水の浸水・漏水で建物が雨漏りしやすくなってしまうのです。その点、屋上緑化で植物を植えることで、雨水の浸水を防いで水害を軽減することができます。

癒しの効能があります

屋上緑化は、仕事などで疲れた人に癒しの効果を与える作用があります。そもそも人間というのは、鮮やかな緑を見ると精神が安定して、ストレスを解消できると言われています。ただ都会などではあまり緑を見られる所がなく、ほとんどの人がストレスを抱えやすい環境です。その点、屋上緑化されたビルに行けば、植物の緑と自然と触れ合えます。そして、精神の安定、肉体疲労の回復効果を得られるので、疲れている現代人にとって不可欠な存在といえます。

断熱効果がすごく高い

屋上緑化の最大のメリットを挙げると、断熱効果による省エネ効果があることです。昨今では、地球全体の気温が上昇していることが問題となっています。その点、ビルの屋上を緑化することで、直射日光から建物を遮ることができます。その結果、温度の急激な上昇を抑えることができるので、夏の猛暑の時期の冷房費の削減に繋がります。それで、省エネルギー効果が期待できるというわけです。

建物の屋上に木や草花などの植物を植えることを屋上緑化と言います。近年、デパートやマンションの屋上に憩いの場として緑化を図るケースも多いです。